毎年まさかの指名にざわつかせるドラフト

ドラフト会議では前出のBOSシステムを用いて指名する選手を決めていて特に1位指名に関しては、毎年のようにまさかの指名に会場をざわつかせるのが恒例。どちらかというと性格を重視し優等生タイプが好まれる傾向がある。しかし素行やスキャンダルには非常に寛容。また某大学出身が非常に多いと噂されるが全くの誤解。しかしこのドラフトで獲得した選手からチームの主力のほとんどを育成していくあたりはファーム運営も成功しているといえる。

菅野強行指名事件

2011年のドラフト会議で、当時目玉だった菅野智之選手は伯父に原辰徳がいて完全にジャイアンツ以外指名しずらい状況で、本人もジャイアンツ以外は行かないと公言していたのだが、その暗黙のルールを破りファイターズは1位指名。祖父原貢は「人権蹂躙」などと憤慨し結果入団を拒否して留年、「次違うところが指名してきたらアメリカ行く」と脅し発言しすっかり嫌われ者に。

たが会場は拍手と歓声に沸いた。この事件は日頃の巨人の横暴に不満を持っていたファンたちは溜飲を下げたのだった。

また、その年のドラフトではソフトボール出身者を指名したり、また翌年は早くから大リーグ挑戦を表明しており指名された際には入団拒否の姿勢を打ち出していた大谷翔平をこれまた強行指名。

近年のファイターズドラフトは面白すぎて目が離せないのです。