究極のユーティリティープレーヤー飯山裕志

守備の人、愛称「メッシ」。すごーく地味な選手なんだけど、近年は毎試合と言っていいほどゲーム終盤に守りに不安のある外国人に変わり守備固めのために出場している。

メッシの凄いところは内外野すべてできるだけでなく、ファームでは捕手での出場経験もあり、チーム事情で交代できる投手が少なくなったとき、なんとブルペンで投球練習までしてたこともあるという究極のユーティリティープレーヤー。

これだけ新陳代謝の早いチーム内において、超ベテランなのにトレードに出されることもなくまたFA権取得しているにもかかわらずファイターズ一筋を貫いてくれる心意気が球団にもファンにも好かれている。

金子誠への刺客

打力と走力を求められるチーム事情において、長らくチーム不動のショート金子誠の存在は歴代監督の悩みの種だった。

守備は完璧、だけど打力が全くないという金子に、歴代監督は毎年のように刺客を送り続ける。しかし打撃が良くても守備がダメで、結局どの刺客もその厚くて低い壁にことごとく跳ね返される。その歴代刺客の中でも最長期間挑み続けたのが飯山なのです。

しかし悲しいことに飯山にも打力がないため、今でも「守備の人」なのです。