風物詩的に受け入れられてきているFA

東京時代から無駄にスーパードライな球団経営といわれ、主力でもかなりの確率でFA宣言して他球団へ移っていく。球団側も年俸の高沸を抑えるため若手を積極的に使うあたり、FA宣言するだろうとある程度狙ってやっているものと思われます。

しかし東京時代はそれでも良かったのかもしれないが、情に厚いと言われる北海道民には悲しい出来事であり、それに反発して観客動員数も減少するなどもあったが、大半のファンはストーブリーグの風物詩的に受け入れられてきている。

唯一の例外選手

他球団からFA宣言した選手を獲得しないのもファイターズの特徴で、主力が抜けても補強する気配すら見せないのは逆に清々しい。しかし、唯一FA宣言した選手を獲得した例があり、その例外選手があの稲葉篤紀なのです。